Columnコラム

2021/05/22 17:27

1978年生まれ
2019年 障がい者アート協会登録

「主な展示」
第1回アモラボアート展(銀座ALMOND)

「小さな星が輝く未来」グループ展(福井県鯖江)

国際アートチャレンジドエキスポ2019(島根)

可能性アートプロジェクト2020及び2021(凸版印刷株式会社)

疫病退散アマビエ展(ギャラリーアートスープ)
他多数

凸版印刷株式会社、千代田オフセット株式会社の他、様々な企業様から作品起用、契約。絵画だけでなく、文字デザインも手掛ける。
現在は、凸版印刷株式会社より複製画販売中。

ご覧くださり、有り難う存じます。

障がい者アート協会所属アーティスト 庫美原です。
パニック障害、自閉症スペクトラム、PTSDです。ロービジョンです。生まれつきの視力障がいが進行し、昨年から音声読み上げ機能(トークバック)、音声認識入力(エディボイス)にてスマホを操作訓練中です。
絵は幼いころから、描いておりました。画材や画風に、こだわりはありません。視力の関係もあり、指で描画することが多いです。
作業スタイルは、感情がピークになると過集中に入ります。他人様と自らの感情の区別がつかず、作業中は寝食を忘れます。作業が終わると倒れてしまいます。同時に何作も生まれる事が多いです。その間の記憶は、ほとんどありません。
全ての作品は、記憶が曖昧な時の自己の振り返りです。自分の作品はどれも同じに見えます。顕しようのない、私の中を通った感情の全てです。
そうして生まれた私の作品を、喜び楽しみにしてくださる皆様、本当に有り難う存じます。これからも胸を張って、作品をお渡してまいります。皆様への感謝を胸に、己に満足せず全力で励みます。